日本全国で英語絵本の読み聞かせを行いたい!

こんにちは。
私は6歳までにバイリンガルの基礎を作る
一般社団法人音読協会代表理事の本澤愛です。

今すぐセミナーに参加したい方はこちら
→https://ondoku.jp/events/event

2016年に一人で立ち上げた音読協会。

はじめは、月1回の英語絵本の読み聞かせを行うクラブ
を開講することからのスタートでした。

最初の数か月は月に数回程度の開催で
参加者もほんの数名だけ。

参加者ゼロの時もありました(笑)。

そんなときは、広い会場で、
一人で読み聞かせの練習をしていました。

「やっぱり、英語絵本の
読み聞かせなんて地味だし、
ハードル高いのかな」と思い悩むこともしばしば。

でも、英語絵本の読み聞かせの楽しさや効果を
多くの人に知って欲しいという思いは、
まったく消えることはありませんでした。

私の中では、ごく普通のご家庭で、
英語絵本を読み聞かせを楽しんでいる
親子のイメージがはっきりと見えていたからです。

やがて、ほんのささやかな宣伝にも関わらず、
ぽつり、ぽつりと申し込みをしてくれる
方が現れ始めました。

やっぱり、ニーズがあることを確信し、
徐々に開催場所と回数を増やして
いきました。

そして、1年後には月に4会場で
開催するようになっていきました。

ほとんどの宣伝なしで、
累計で200名を超えるママさん、
パパさんが参加してくださいました。

しかし、わが身は一つ。

どんなに頑張っても、
開催できる読み聞かせ会の回数には限界があります。

また、協会とは別に、ほかの出版関連(本づくり)の
事業もしていたので時間がほとんどありませんでした。

協会が目標とするのは、全国で読み聞かせ会が普通の
行われているような状態です。

もっと多くの読み聞かせ会を行うためには、
私の代わりに読み聞かせを行ってくれる、
たくさんの人の力が必要だと感じるようになっていきました。

そんなことを考えているころ、
クラブしてくださった、
ママさん、パパさんの中から、
協会が掲げる理念に共感してくださる
方も少しずつ現れはじめたのです。

わが子の英語教育にプラスして、
他のお母さま方への啓蒙を含めた、
読み聞かせ会を行いたいという声が
上がってきました。

そこで、2017年後半からは、
「バイリンガル絵本読み聞かせインストラクター」さんの
養成を開始することにしたのです。

本インストラクターの大きな役目は、
一般のごく普通の親御さんに、
各ご家庭で英語絵本の読み聞かせを
することを啓蒙していくことです。

一般的な日本語の絵本の読み聞かせだと、
無料の場合が多いのですが、
教育はボランティア活動ではありません。

本協会のバイリンガル読み聞かせインストラクターは、
社会に貢献できるというメリット共に、
正当な報酬というリターンがあるような
仕組づくりを進めています。

教育分野できちんと収入を得て
活躍する方を多く輩出していきたいと思います。

やる気のある方にはぜひ、トライしていただき、
大いに活躍していただけるような体制づくりを進めています。

現在の目標は、2020年までに
100人以上のインストラクターさんが
誕生し、日本各地で、英語絵本の
読み聞かせが行われるようになることです。

また、10年内の夢は、2025年までに、
1万人以上のバイリンガルキッズを誕生させることです。

もちろん、将来的には、より多くの
子どもがバイリンガルとなるようにと願います。

そして、すべての子どもが豊かな日本語を有し
英語を最強のツールとして、
個々の個性を最大限に生かし、
国際社会で豊かに活躍できるような
基盤づくりをしていきたいと考えています。