音読協会誕生秘話その1

グローバル化が進む中、
ますます「英語」への関心が高まってきています。

多くのお母様、お父さんが、
お子さんへの英語教育に多くの
関心を寄せています。

実際に、英語熱の低年齢化が進み、
子供の習い事ランキングを見ても、
「英語」が上位にランクインしています。

新しい子供向けの英語教室も
次々に誕生しており、
英語で保育を行う幼稚園や保育園も
大人気です。

そんな中、
「うちの子の英語教育が心配!」
と言う声が多く聞こえてきます。

「英語で苦労させたくない!」

「できればバイリンガルにさせたい!」
と強く望む親御さんも多いことでしょう。

不安のあまり、
英会話教室の赤ちゃん向けクラスに
「早く申し込みをしなくては!」と焦っている方も
いるはずです。

確かに、幼少期から英語に触れる環境に多く
いれば、英語を自然と理解する「耳」を
養うことができるという一面があります。

ただし、多くの英会話スクールは、
通常、週1回~2回、1時間程度です。

それでは、高い英語力を養うことは
到底できませせん。

実は、私自身も、子供を授かる前から、
英語教育について15年以上研究を
重ねてきました。

妊娠中は、特に熱心に研究に時間を費やしました。

出産後は、乳飲み子を連れて、
さまざまな英会話スクールを見学して回りました。

しかし、残念ながら子どもに通わせたいと思う
英会話教室に出会うことはできませんでした。

また、基本的な英語力を養うには、
たっぷりと英語に触れることが必要ですが、
一般的な英会話スクールでは十分な
インプット量を確保することはできません。

確かに、1日のほとんどの時間を
英語で過ごすような幼稚園やスクールもあります。

しかし、日本語の基盤ができる幼少期に
英語だけで保育や幼児教育を行う環境で、
幼少時代を過ごすことに抵抗を感じたのです。

園内の歌う歌も、読み聞かせの絵本も
みーんな英語。

先生から褒められること、
叱られることもすべて英語。

友達との遊びも、けんかも英語で
することを求められる。

そんな環境でほんとうに
自分の子供を過ごさせてよいのだろうか?

英語漬けのクラスを見学するたびに、
ひっかかるものがありました。

(もちろん、きちんとした
英語環境が整っているスクールはありますが。)

1歳前後から保育園に通させるとして、
就学までの約5~6年もの間、英語漬けの環境で、
豊かな日本語に触れる機会を失うことはないのか?

日本語の土台が出来上がる大事な時期を
犠牲にするこことはないのか?

たとえ、日本語に影響がなかったとしても、
幼少期の思い出の大半が英語という
子供を育てたいのか?

英語は確かに大事ではあるけれど、
日本語は私たちの思考を司る大切な言語。

その日本語が乏しい環境に長時間置くようなことは
自分の子供にはさせたくないという想いがありました。

なぜなら、
幼少期に豊かな日本語に触れる環境が、
子供の情緒の発達を促し、
深い思考を養い、
円滑なコミュニケーション力を
育てると思うからです。

その力が、ゆくゆくは、
国際社会で通用する、
豊かなバイリンガルになるための土台となると考えます。

また、費用面での問題もありました。

ほとんどの時間を英語で過ごす保育園や幼稚園の料金は一般的に高く、一部の限られたご家庭のお子さんしか実際には通うことはできません。

英語教育格差が広がっていることも
懸念されました。

「それでは、いったいどうしたらよいのか?」

「どんな家庭の子供でも
高い英語力が育つ方法はないだろうか?」

その問いを続け、先行してバイリンガルを育てられている
方々の事例を詳細に分析していった結果、行きついたのが、
「家庭でお母さんやお父さんが英語絵本を読み聞かせる」という方法だったのです。

つまり、お母さんやお父さんが、
お子さんと一緒に、ネイティブが読む英語絵本を声に出して読み、

少し大きくなったら、
一緒に声に出して読むという方法です。

実際に、私自身も普通の保育園に通う2人の子供に、0歳の頃から毎日のように英語絵本を読み聞かせを行ってきました。

毎日最低2冊以上。
多い時には、10冊以上。

手当たり次第に、ほんとうにさまざな英語の絵本を読みました。

そして、英語力はもちろんのこと、
英語を通して、世界が広がっていきました。

日本語の絵本にはないような、
お話の展開。
色彩感覚。
製本の質感。
イラストのタッチ。

さらに、絵本の中には、
私が知らない英単語や表現ばかりか、
未知の外国の文化がありました。

そんな英語のインプットや異文化体験を
家庭ですることができるのです。

2人の子供は1歳前後から
読み聞かせを初めて数年たちますが、
現在では、語絵本を読むことは当たり前となり、

時には、一人でページをめくったり、
声に出して、読む姿も見られます。

また、英語絵本から得た
フレーズを口に出すこともあります。

自分でオリジナルの表現を
作り出すこともできるようになってきています。

もちろん、単なる、英語への興味関心だけではありません。

絵本を通して、親子でいろんな異文化体験をしながら、英語の力をつけてきているのです。

ネイティブの子供たちが英語を覚えるのに似たプロセスで
英語を自然に習得していっているのです。

自分の子供に、バイリンガルの兆しが現れるにつれて、

一つの結論が見えてきました。

それは、「ご家庭での英語絵本の読み聞かせ」は、英会話スクール通うことを検討する前にすべき、優先事項だということです。

特に、脳が完成する6歳頃までに、
たっぷりと読み聞かせや音読を行う
習慣づけを行うことが大切なのです。

私は、それを、多くの研究と実践を通して、
確信してきました。

その体験から得たノウハウを
できるだけ多くの親御さんとも共有したいと
いう思いで、音読協会を設立することに
なったわけです。

音読協会は英語の力だけでなく、
日本語の本の読み聞かせや音読によって、
豊かな日本語力も育てることも目指しています。

そのためにも、家庭内で、日本語と英語の音読の習慣化を推進していきたいと思います。

<豊かな日本語を有し、国社会で通用する英語を駆使できるバイリンガルを育てるための環境を家庭内に!>

この目標を掲げ、音読協会が誕生しました。